人獣共通伝染病予防協議会

Home / その他 / 人獣共通伝染病予防協議会

人畜共通伝染病予防協議会

Not-for Profit Organization Zoonosis Prevention & Control Association.

NPO法人 ZPCAとは?

アジア各国政府関係者より、アジアの中で、狂犬病撲滅の先進国である日本、なかんずく、日本最大の獣医科病院である本間獣医科医院などに対して個別の支援要請がなされており、本間獣医科医院は、これらアジア各国政府関係者からの要請を受け、平成18年2月より、フィリピンにおいて、約20,000頭の犬を対象に、狂犬病ワクチネーションを実施したのを皮切りに、インドネシア、タイ、ベトナム、中華人民共和国と、対象国を広げ、毎年これらの国々でワク チネーションを実施しています。

活動内容

  • 情報交換事業
  • ワクチネーション事業
  • 人事交流
  • 駐在員派遣事業
  • その他必要とされる付随事業

目的

狂犬病、鶏インフルエンザなどの人畜共通伝染病は、動物のみならず人にまで感染する恐ろしい病気です。なかでも狂犬病は、古くから知られた人畜共 通伝染病で、発病すると治療方法がなく、悲惨な神経症状を示してほぼ100%死亡する極めて危険な病気です。高度な医療が確立した現在でも世界では毎 年約50,000の人と十数万の動物が発病死していると推定されています。日本においても、1970年にネパールを旅行中の日本人旅行者が現地で犬に 咬まれ、帰国後に発病・死亡した事例と、2006年に男性2人がフィリピン滞在中に、狂犬病に罹患した犬に噛まれて亡くなるなどの被害が出ています。

狂犬病予防事業は、アジア各国において保健省、農業省などが中心となってその国のライオンズクラブ、赤十字社、獣医大学、獣医師会などの協力を得 て実施されています。しかしながらいずれの国においても、とりわけワクチネーションの主務官庁である農業省において資金不足が顕著で、必要とす る資金の1%以下程度しか資金が集まらないなど、極端な資金不足に直面しています。 そのため、アジア各国政府関係者より、アジアの中で狂犬病撲滅の先進国である日本、なかんずく、日本最大の獣医科病院である、本間獣医科医院などに対し て個別の支援要請がなされました。本間獣医科医院は、これらアジア各国政府関係者からの要請を受け、平成18年2月より、フィリピンにおいて、約 20,000頭の犬を対象に、狂犬病ワクチネーションを実施したのを皮切りに、インドネシア、タイ、ベトナム、中華人民共和国と、対象国を広げ、毎年こ れらの国々でワクチネーションを実施しています。

設立

本間獣医科医院は、本事業をアジア各国政府関係者からの要請でもあり、全くの非営利目的で実施すべき事業と位置づけており、年間相当額の支出と人材の派遣を行っています。しかしながら、事業が次第に多数の国に拡大していくにつれ、本事業は、単に一獣医科医院が孤軍奮闘して実施する事業ではなく、公益的事業として、広く本事業の趣旨に賛同する方々のご賛同を得て、事業を推進する必要があると考え、今までの実績が認められ、平成20年 4月1日に、「特定非営利活動法人 人畜共通伝染病予防協議会(NPO法人ZPCA)」として正式に認可されました。