猫の健康管理

ニャンコの部屋

ワクチン接種

毎年1回 追加接種を!

猫のワクチンは、その効果が一生続くわけではなく、約1年で効果がなくなってしまうためです。

3種混合ワクチン

効果が期待される伝染病の種類

  • 猫ウィルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウィルス感染症
  • 猫パルボウィルス感染症(猫)

5種混合ワクチン

効果が期待される伝染病の種類

  • 3種混合ワクチンに含む3種
  • 猫白血病ウィルス感染症
  • 猫クラミジア感染症

毛玉症の予防

毛づくろいが好きな猫は、この時舌についた抜け毛を飲み込んでしまします。毛は消化されないので胃の中にたまり、固まって毛球になります。
毛球が大きくなりすぎると、吐き出せなくなり、慢性胃炎や消化不良の原因になります。

ご購入は『本間アニマルメディカルサプライ』よりどうぞ

FUS(猫泌尿器症候群)の予防

尿道に砂のようなものや血液の固まりがつまり、尿が出なくなる病気で、雄猫に多く発症します。
一端治っても、よく再発するため、食事・運動で予防します。

  • 食事・・・低マグネシウム、尿ph低下、水分摂取量増加タイプの専用食を与え、予防します。
  • 運動・・・よく運動させ、肥満を予防します。
  • 水分・・・いつもきれいな飲み水を用意しておきます。
  • トイレ・・・いつも清潔にし、排尿回数の増加を促します。

ノミ(外部寄生虫)の予防

『駆除』から『毎月の予防』に進化しました。
ノミはかゆいだけでなく、アレルギー性皮膚炎や不眠・食欲不振の原因や、条虫の感染原因になります。
予防薬は猫ちゃんや人、赤ちゃんにもとっても安全で、毎月1回ずっと与え続けても安心です。

便検査

胃や腸などの消化器官に寄生虫が寄生することがあります。
1度駆除しても、再感染率が高いので、3~4ヵ月に1度は便検査を受けましょう。

耳のお手入れ

脱脂綿に、消毒用アルコールをつけて、指に巻き耳の中を拭いて掃除します。
指の届く範囲の汚れをとってあげれば十分です。

褐色の耳垢が大量に分泌されているときは、外耳炎や耳のかいせんの疑いがあります。
早めに獣医師にご相談ください。

爪のお手入れ

爪が伸びすぎると、指肉や肉球に食い込んだり、草の根や絨毯に引っかけてけがをしたり危険です。

爪の根本には、血管や神経が通っているので、先端の白い部分を切ります。人用の爪切りでは割れることがあるので、動物用の爪切りを使いましょう。

歯石の予防

歯垢をほおっておくと歯石になり、さらに放置しておくと、歯肉炎・歯根炎をおこし、口内炎や歯が抜ける原因になります。

年齢別の予防

Young~Adult/壮年期(1~6才)

この頃に注意したい病気

  • FUS(猫泌尿器症候群)
  • 心筋症
  • 歯肉炎・歯根炎

この頃にやっておきたいこと

  • 不妊手術
  • 定期検診

Senior Life/高齢期(7才~)

この頃に注意したい病気

  • 内蔵の機能
  • 環境への適応
  • ホルモンの機能
  • 行動の変化
  • 免疫反応
  • 食生活

この頃にやっておきたいこと

  • 慢性腎不全
  • 便秘