本間院長 無料往診サポート

Home / 本間院長より / 本間院長 無料往診サポート

本間院長 無料往診サポート

◆2014/08/26 福山市 長谷川様宅

長谷川様宅にはなんと60頭ものトイプードルが暮らしています。1匹1匹名前がついていて、とても可愛がられていました。本間院長も喜んですべてのトイプードルちゃんたちを診察しました。

20140826_02

【プチ獣医学情報】

ワンちゃんを多頭で飼いたい方という方は多いと思います。また、飼っている方もおられるかと思いますが、今日は多頭飼育の注意点についてお話したと思います。
まず、おうちの環境はいかがでしょうか。多頭飼育をするということはその分スペースも必要になりますし、お世話をする時間も増え、餌代など経済的にも負担は増えます。自分のライフスタイルと相談し、ひとつでも問題がある場合は無理をして多頭飼育をするべきではありません。
もともと飼っていたワンちゃんとの同居生活も考慮すべきです。一般的にはもともと飼っているワンちゃんが若くて性格的に明るく、新しいことを受け入れるようなタイプであると、同居生活はうまくいくと言われています。しかし老犬や病気を抱える犬や臆病な犬などは新しいワンちゃんが来ることでストレスを感じてしまう場合もあります。
オスメスの組み合わせにも要注意です。一般的にはオスとメス>メスとメス>オスとオスの順番に相性がいいと言われます。 相性がいいかどうかを試すために何度か遊ばせて、それから飼育するかどうかを決める、というくらいの余裕があってもいいでしょう。
本間アニマルメディカルサプライではノミダニ予防薬のまとめ買いをご用意しております。

20140826_01


Recommended Posts

tohoku_01-1titleベトナム獣医師2名の日本での研修レポート