ノミダニの駆除

症状別お手入れ

症例・疾患の予防情報

市販のノミダニ駆除薬と違い、動物病院で処方されているノミダニ駆除薬は
確実に駆除し、なおかつ予防をします。

日本国内においてノミ・ダニは通年存在していますので、このような商品をできるだけ通年投与してあげることが最良です。

原因

ノミ・ダニに吸血・繁殖されると
痒いだけではなく、ノミダニが介する感染症やアレルギーになることがあります。

◎ノミアレルギー
お尻や後ろ脚の脱毛(ノミに1回咬まれただけでこの状態が永久に続くこともあります。ノミが多数寄生していなくてもこのような状態になることもあります。ノミ自身は発見しにくいかもしれませんが、ノミの汚物は通常はっきりとわかります。すべてのペットに寄生しているすべてのノミ、環境内にいるすべてのノミを根絶しなければなりません。)これが、ノミによるアレルギーの最も良くわかる徴候です。
慢性的なかゆみで、体を掻き、顔を撫で、足や脚を咬みます。
その後かさぶたができ、2次性細菌感染が起きることもあります。

◎ヒゼンダニ症(別名疥癬=カイセン)に罹患するとさらに激しいかゆみと症状を表します。

対策

治療・予防方法はノミ、ダニの駆除薬を首の後ろに滴下する。
つまり、毎月1回簡単なスポット剤を滴下するだけでOK!

フロントラインプラス(ノミ・ダニ駆除+ノミの卵の孵化阻害)
プラクティック(ノミ・ダニ駆除 効果1.5ヶ月持続)
アドバンテージプラス(ノミ・ノミの卵の孵化阻害)
フォートレオン(ノミ・ダニ駆除:速効性)