肥満

症状別お手入れ

症例・疾患の予防情報

肥満になる多くのケースは食事に問題があるのではといわれています。
食事療法食がありますので、健康的な体重維持ができるように給与調整していきます。

原因

食事や犬猫の体質にもよりますが、一番の原因は食事にあります。
「おいしそう」といった飼い主様の判断で市販のフードを選ぶと、動物の口に溶け込みやすく、すごい勢いで食事をしたり
おやつのひとつを とってもジャーキーなど高カロリーの食事をする事で太りやすい体質を作ってしまいます。
また、犬ちゃんでは散歩に行く時間が無いと言った状態から運動不足になり、これも肥満の大きな原因となります。

対策

肥満になると体質を改善するにはかなりの時間が必要になります。
必要な栄養はとりながら減量をしないといけないので
フードは専用の食事療法食をメインに給餌してあげることがオススメです。
●ウォルサムの減量サポート・ウェイトコントロール
●ヒルズのr/d
などが一般的に使用されている食事です。

おやつは、極力与えないほうが良いでしょう。
どうしてもと言った場合は
●ヒルズのトリーツ
●ウォルサムのウェイトマネージメントタブ
など低カロリーな物を選ぶようにして下さい。