皮膚疾患

症状別お手入れ

症例・疾患の予防情報

犬も猫も常に多い症例になります。
ペットがアレルギーを持っているかどうかの判断は病院で検査できますので、早めに食事療法等の処置をとられることが望ましいでしょう。
皮膚疾患には、ノミなどの外部接触性アレルギー皮膚炎や、食事からくるアレルギー性皮膚炎があります。いずれも、慢性的になりがちで、特に多い症例です。皮膚ケアを知っておきましょう。

原因

皮膚疾患には、ノミダニ・外部寄生虫による疾患とアレルギーからくる疾患があります。アレルギーと言っても、食物アレルギーやアトピー、ハウスダストアレルギーなど多種多様です。

対策

ノミダニ・外部寄生虫による疾患の場合、排泄物が肉眼で確認できるので、応じてフロントラン・アドバンテージ等の駆除薬で駆除します。患畜だけではなく、患畜の取り巻く環境すべてを改善しなければなりません。
アレルギーによる皮膚疾患の場合、その患畜のアレルギーが何によるものなのか血液検査等で特定しなければなりません。それによって、処置の方法が変わってきますので、獣医師による診断が必要です。