下痢

症状別お手入れ

症例・疾患の予防情報

処方食・サプリメントで予防できるケースもありますが、原因の判断が不明際は、獣医師に相談しましょう。

下痢には、水分過多、食事性アレルギー、ストレス性下痢等がありますが、胃腸にやさしい食事を選びましょう。また、ペットにアレルギーがあればその食事は注意が必要です。

原因

下痢は病気のサインです。下痢の可能性を探るとすれば、軽率に不適切な食物を与えたため起こりうる、急性の腸炎。慢性的な下痢が続くようであれば、アレル ギー等を疑います。また過食、食餌の変化等で下痢になる場合もあります。消化管の寄生虫・ウイルス感染症・細菌感染症等の疑いもありますので、必ず、獣医 に診察を受けることをお勧めします。

対策

脱水や嘔吐等で欠損した水分・ミネラルを補う為にウォルサム 電解質サポートや高栄養価処方食ヒルズ a/dなどでカロリーを補給します。また、ペースト状の高栄養サプリメント、ニュートリカル・ニュートリプラスゲル等もお勧めです。

あくまでもアドバイスですので、獣医の診断を必ず受け適切な処置をしてください。